群馬大学大学院医学系研究科生体防御学講座

 

No Pressure,
No Success!

 

ウイルスと寄生虫による感染症の病態解明に挑みます。

Our Group

  LinkIcon

私たちのグループは、ウイルスと宿主の相互作用を解明するために、呼吸器に感染するSARSコロナウイルスとMERSコロナウイルスを扱い、ウイルスタンパク質による宿主タンパク質の発現調整を明らかにすることで、新興感染症の制圧を目指しています !!

   

NEWS

ニュース (その他のニュースはこちらへLinkIcon)

  • 2019.1X.X 研究室のHPを開設しました。 

    2019.10.1 群馬大学に生体防御学講座が誕生しました。 

Research

研究内容

コロナウイルスの遺伝子操作系を用いて分子レベルでウイルス複製と病原性を明らかにします。LinkIcon

Project 01

遺伝子操作系の確立

様々なコロナウイルスでの遺伝子操作系の確立を行っています。

Projects 02

非構造蛋白質の機能解析

コロナウイルスの非構造蛋白質の機能を明らかにしようとしています。

Project 03

ウイルスの複製機構の解明

コロナウイルスに特異的な複製機構の解明を行ってます。

   
   

RECRUIT

一緒に研究してくれる人を募集します。

LinkIcon

私たちのグループはまだまだ小さいグループですが、SARSコロナウイルスやMERSコロナウイルスの病態解明に向けて全力で取り組んでいます。ウイルスを扱ったことのない方も大歓迎です。大学院生には、実験方法から丁寧に教えます、また、研究員にはある程度自由なテーマで取り組んでいただきます。SARSコロナウイルスやMERSコロナウイルスの研究を行いたいけどBSL3の施設がない場合などは、当グループでウイルス学的解析を行いますので、そのような共同研究も大歓迎です。

   

ACCESS

アクセス

群馬大学大学院医学系研究科生体防御学講座

住所:〒371-8511 群馬県前橋市昭和町3-39-22
設立:2019/10/01
講座主任:神谷亘
構成スタッフ:3名
tel: 027-220-8020 fax:027-220-8025
mail: wakamita at gunma-u.ac.jp (at を@に変えてください)